<< 夏の藍神様 発酵母クラブvol.3レポート >>

藍建て仕込み

荒れ梅雨も明け、夏の到来ですね

熊本の被災地の復興がすすみ皆さまの生活がもどりますように

心より願います



さて、今シーズンこの暑さ、藍の仕込みシーズンでもあります。

今年もTRYの藍の天然灰汁発酵建て

まずは灰、良質な灰集め

灰汁とり....苦心しました

なぜなら、良い発酵のために、ペーハーの高い灰汁が必要だからです。

いつもの染めの灰では低かったんですねー。間伐材の杉が多かったからでしょうか?

去年はここで失敗しました。

樫木の灰でないとph12はいかないようで.....

そこで、昔の火鉢の灰で取ったり、

友人のCAFE FRESHさんのコーヒー焙煎で使う樫木の灰を貰いに行ったり、

灰汁取りだけでも一週間はかかってしまいました。
d0182912_22193358.jpg

アルカリの高い灰汁は濃い色 ヌルヌル、ピリピリします
これが重要!
d0182912_22193329.jpg

徳島のすくも(藍の葉を発酵させて乾燥させた藍染めの元)
d0182912_22193310.jpg

灰汁で藍を練り、まず、始めの仕込み終了
d0182912_22193344.jpg

さあ、これからが発酵菌が増えてくれるといいけれど......

あす灰汁を再び入れかさ上げ

ゆっくり待つ

自然の動きに従うのみです




=MEGURI=aya
[PR]
by megurythm | 2012-07-24 22:19 | 草木染め
<< 夏の藍神様 発酵母クラブvol.3レポート >>